【ブログ】最先端の台風研究とは

気象庁より嶋田さん来訪

10/24に気象庁気象研究所から嶋田さんがSFCに来訪し、私たちMETLABの学生に台風の最先端の情報をご教授いただきました。

まずは台風の基本的な情報とメカニズムについての解説から始まり、発展的な内容にも。台風の強度予測に関する説明をしていただきました。

嶋田さんは強度予測のガイダンスを作成し、重線形回帰モデル(SHIPS)を開発し、運用を目指しているそうです。

1つ1つ丁寧に、METLABの学生に分かりやすく説明していただいたおかげで、台風についての貴重な話が理解できただけでなく、官僚についてのイメージも大きく変わったと思います。

嶋田さん、ありがとうございました。
またSFCにお越しください!!

嶋田さん、METLABの学生、宮本先生と共に。
大変ご貴重な話ありがとうございました!


【ブログ】2019年度 第4回ゼミ

大木研究会との合同ゼミ

こんにちは、METLABゼミの拓です。今回は先週に続いて連続で私が担当します。

今週の研究会の流れを紹介します!

4限:大木研究会との合同研究会
5限:グループでの研究進捗発表
Slackについて

今週も普段とは違う流れの研究会でした。

4限の大木研との合同研究会は、今月12日に日本列島に上陸した台風19号についての考察でした。

宮本先生には、今回の台風と9月に千葉の大規模な停電を引き起こした台風15号の違いなどの解説をしていただきました。
そして後半は、大木先生が司会となり大木研と宮本研が一緒に複数のグループに分かれて今回の台風についてのグループワークをしました。

合同研究会の様子。
避難するときの葛藤の話など、リアルな議論ができました。

合同研究会が終了し、METLABの教室に戻り、個人の研究進捗を少人数のグループに分かれて発表しました。
1週間に2人ずつ発表するので、前学期と比べて頻繁に発表する機会があることから、意見がもらいやすくなりました。

個人研究発表の様子。
グループ内のメンバーは学期を通して固定なので、日々の進捗がわかりやすくなりました。

そして最後にSlack導入についての説明がされました。
Pythonを多用するMETLABでは、Slackを利用した方がコードが文字化けしない、そしてLINEと比較してプライベートのメッセージと混ざらないことから、連絡手段をLINEからSlackに変更することとなりました。
その使い方のチュートリアルとして、WEB係が主導に説明してくれました。

Slack導入の経緯を説明している様子。
SlackとLINEの違いをわかりやすく説明していただきました。

Slackの説明を最後に、今週の研究会を終えました。
一気に肌寒くなってきたので、体調管理に気をつけてまた来週元気なMETLABの方々をお見せできたらと思います!
そして、ORFが少しずつ近づいてきています。METLABもORFに出展しますので、興味がある方はぜひお越しください!

それではまた来週〜

研究会終わりのリラックスタイム。

【ブログ】2019年度 第3回ゼミ

新規生5名を迎え入れ、秋学期3週目のゼミ

こんにちは!METLABゼミの拓です。

まず、第2回のゼミの更新を忘れてしまったことをお詫び申し上げます。
単純に更新を忘れてしまいました…
次回から気をつけます。

さて!今週のゼミは通常とちょっと違いました。
なんと、GSC(Global Science Campus)から、
・阿部さん(法学部法律学科 2年生)
・細野さん(豊島岡女子学園高等学校 2年生)
がSFCに訪問しました。お2人には研究発表をしてもらいました!

そして、今回のゼミの流れがこちらです。
1.輪読(百万人の天気教室)
2.ORFについて
3.個人、グループの研究紹介(新規生に向けて)
4.阿部さん、細野さんの研究発表

まず、1.輪読。
今期のMETLABゼミの輪読図書は、「百万人の天気教室」になりました。
気象学初学者でも理解のしやすい良書です。
その「百万人の天気教室」を毎回3人ずつに分けて輪読することで、1学期を通して読破していきます。
そして、今期からは輪読者からの小テストを課されるので、より深い理解を狙っています。

そして、次の2.ORFについて。
ORF(Open Research Forum)とは、SFCの研究会がそれぞれの最新の研究成果を、毎年の主題に合わせて展示や発表していく場です。
今年の主題は、「Beyond SDGs SDGsの次の社会」とのことで、SDGsに沿った研究成果を各研究会が発表していくことでしょう。
今年のORFは、11/22、23の2日間で東京ミッドタウンにて開催されるので、研究会をどこにしようか迷っているSFC生がいましたら是非足を運んでくると良いですよ。かなり楽しいです。
さて、少し脱線してしまいましたが、そのORFのPitch(プレゼン方式で研究成果を紹介するというもの)で壇上で話す内容について話し合いました。内容に関してはここでは言えませんので、ORF当日まで楽しみにしてください!

去年のORFの様子。

休憩を挟んだ後、3.個人・グループ研究紹介を、新規生に向けて行いました。METLABゼミでは、新規生は既存の研究グループに入って、研究の手法を学んでいきます。
現在している研究は全部でこんな感じです。

1.衛星画像情報を用いた乱気流予測AIの作成
2.視覚的および触覚的気象観測システム
3.乱気流の発生予測
4.労働生産性の外的環境の依存性
5.美肌予報
6.大気音響考察
7.航空気象
8.国・地域による「良い天気」の定義の違い
9.スポーツ気象
10.気象情報を使った食品ロスの削減
11.集中豪雨被害の軽減
12.自然エネルギー
13.江ノ島プロジェクト
14.火山灰の移流モデリング

これらから興味のあるテーマのグループに入り、先輩方の研究を見ながら、個人の研究について見つめていきます。
新規生、頑張ってください!!

大学院生の研究紹介。写真で発表している人が名誉ゼミ長です。

そして最後に、4.阿部さん、細野さんの研究発表が行われました。
阿部さんと細野さんはGSC(Global Science Campus)に所属していて、将来グローバルな科学技術人材を育成するプログラムに入っています。

その中で2人が発表したのは、
「金星の衛星間電波掩蔽観測を見据えたデータ同化による研究」
についてです。
NASA提案の衛星間電波掩蔽観測実現に向けて、コールドカラーの再現性から観測の有用性を評価したことを発表していただきました。

もう少し噛み砕くと、
まず衛星間電波掩蔽観測と言うのは、金星の周りに複数機の衛星を飛ばし、衛星間で電波を透過させることにより、金星の厚い雲の下の大気の鉛直分布を観測するというものです。このことによって、従来に比べ観測頻度が飛躍的に向上するため、金星大気の謎の解明が期待できます。
そしてその観測方法を用いたシミュレーションをするため、フランスの金星大気大循環モデルIPSL Venus GCMを用いて擬似観測データを作成し、金星大気データ同化システム(VALEDAS: AFES-Venus LETKF Data Assimilation System)に同化を行いました。
コールドカラー(高度約65kmにおいて極付近が周りに比べて高温で、その周りを低温度帯が囲んでいる金星特有の現象)の再現精度の高いIPSLモデルの同化により、既存モデルの温度や風の場がどれほど改善されたかを確認し、観測の有用性を評価しました。

2人の研究に対しての情熱が発表を通して感じました。研究手法だけでなく、研究に対する姿勢をMETLABゼミ全員が感じることができたとても貴重な発表でした。
阿部さん、細野さん、ありがとうございました!!

阿部さんと細野さんの発表の様子。
研究に対する熱意や姿勢も学べました。

そして最後は新規生の懇親会を開いて、第3週目のMETLABゼミを終えました。

来週のゼミは、
1.大木研との合同会
2.輪読(百万人の天気教室)
3.グループ研究進捗発表
の予定です。きっと来週またブログ更新できることでしょう!!!

それではまた次回〜

10/08の空模様@SFC



【ブログ】2019年度 秋学期初ゼミ

2019年度秋学期のMETLABゼミがスタートしました

今週はMETLABゼミの勝又が担当させて頂きます!

夏休みが明け、遂に秋学期が始まりましたね!
それと同時に私たちMETLABゼミの活動も再始動しました。

そこで、今回は9/24(火)の4・5限に行われた秋学期、初ゼミの様子をお伝えしたいと思います!

2019年秋学期、初ゼミということで宮本先生によるガイダンスや話し合いがメインで行われました。
具体的な内容としては、
・係決め、輪読の担当決め
・特プロの反省会
・今期の研究会について(宮本先生から)
・ORFについて
・研究グループごとの話し合い
が行われました。

初ゼミの様子。

METLABゼミの活動をより良くするために宮本先生を中心として、学生たちが意見を出し合い改善点などを話し合いました!

今期から取り組む活動もあるので、ゼミ生一同新たに頑張っていきたいですね!

さて、先程ご紹介した活動内容の一つに「ORFについて」というものがありましたが、秋学期の一大イベントといえば…
慶應義塾大学SFC OPEN RESEARCH FORUM 2019、略して「ORF」です!

当日の展示場所や準備期間について
担当の学生から全員に説明がありました。

ORFは2019/11/22(金)〜23(土)に東京ミッドタウン(六本木)で行われます。
このORFに私たちMETLABゼミも参加します!
そのため当日に向け、準備などが始まります。遂に本格始動ですね!

最後は研究分野に分かれてグループごとで話し合いを行い、初ゼミを終えました!

METLABゼミでは似たような研究分野でグループを組み
そのグループで研究を行なっています!

ということで今回は初ゼミの様子をお伝えしてみました!
来週から本格的に活動が始まります。次の投稿は具体的な活動の様子をご紹介できるかと思います。

乞うご期待です!

ゼミ後のSFC内から見た空模様。
夏が終わり、秋がやってきますね。

【ブログ】2019年度 特プロin宮古島

特プロ第二弾を宮古島で行いました

METLABゼミの拓です。横国大の投稿から約3週間ぶりですね!
もうすぐ夏休みが終わろうとしていますが、皆さんの夏休みはどうでしたか?
私はこの夏にダイビングライセンスを取得しました!!いつか宮本先生と潜りたいですね…

さて、今回のブログは宮古島での9/15~9/17の2泊3日で行なった特プロについてお伝えします!
私達が宮古島まで観測へ行った理由として、離島の気象を観測する為でした。
太陽の日射による陸地と海面の熱容量の違いによって夕立のメカニズムを観測データから分析する為の最適な観測場所が宮古島でした。

1日目は宮古島までの移動と観測場所の下見をして、
2日目は本格的に観測を始めました。
それぞれの海岸を観測場所に指定し、
1.砂山ビーチ
2.東平安名崎
3.与那覇前浜ビーチ
4.サンセットビーチ付近
の4つの場所を5チームに分けて観測しました。

与那覇前浜ビーチ。
砂浜が白く、透明度のある海水は宮古島ならではですね

日の出の早朝の06:30から10分毎に
1.気温
2.湿度
3.風速(最速、1分間の平均)
4.風向
の4つの項目を、日没の18:30頃まで記録し続けました。
なかなか体力のいる観測でしたが、それぞれのチームで協力しあいながら最後まで観測ができました!

実際の使用した観測器。
通常の研究会の空観察の時にも使用します。
観測の様子。
上記に記したもの以外にも、雲頂高度を調べる観測器も使用しました。
後日、各チームで記録したデータをまとめて分析します。

そして、最終日の3日目は宮古島地方気象台の見学に行きました。
気象台の外には観測機が配置されている「露場」があります。
露場の中には、
雨を感知する「感雨計」
雨の強さを測る「雨量計」
温度、湿度を測る「気温湿度計」
視程を測る「視程計」
が設置されています。

露場についての説明を受けている様子


また、露場の隣には高い建物の「測風塔」が建っており、その上には
風速、風向を測る「風車型風向風速計」
日射量を測る「日射計」
日照時間を測る「日照計」
気圧を測る「気圧計」
が設置されています。
気象台の方々は毎日3時間毎に機器を使用して計測をし、さらに目視で雲量や雲の種類、視程を観測しています。

白い建物が側風塔。
その屋上にある2つの風車型風向風速計は、
どちらかが台風などの強風で故障しても、
すぐに片方の風速計がデータをとってくれるために2台設置しています。

そして、気象台の中に入ると、露場にあった観測器の観測値を表示する画面が多く、さらに紙での天気図が壁一面に貼られていました。
観測、予報業務以外にも、各機関と気象についての連絡を取り合うことも気象台の役割であることがわかりました。

気象台の中で、ラジオゾンデについての説明を受けている写真。
他にも地震計、三杯型風速計など、
近くで見ることがなかなか無いレアな観測器を見ることができました。

こうしてあっという間に、気象台の見学が終わりました。気象台の皆さんは私達に対して親切に接してくださり、宮古島の方々の温かさを感じることができました。
宮古島地方気象台の皆さん、ありがとうございました!

宮古島地方気象台の皆さんとともに。
親切に説明していただき、ありがとうございました!

気象台の見学が終わると同時に、宮古島での特プロも無事終える事ができました。
新規生が初めて参加する中での特プロでしたが、みんな仲良くなって終わることができて本当によかったと思っています。
これは特プロ係が、今回の特プロを最高のものにしようと頑張った結果だと思います。特プロ係の皆さんありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

特プロが終わり、宮古島気分を味わいましたが、いよいよ、来週から秋学期が始まります…!!
次回のブログは、2019年秋学期ゼミの初回をお見せできるかと思います!!!

それではまた来週〜


【ブログ】2019年度 特プロin横国

特プロ第一弾を横国大で行いました

どうも!METLABゼミの拓です。
8/26に横国大の筆保先生の気象学研究会と横慶戦(おうけいせん)を開催しました!

横慶戦は3回目のようで、今回はパイバルの計測の時間の長さで競いました!


パイバルとは、「パイロットバルーン」の略で、ヘリウムが入った風船を空に向けて放ち、その風船の高度角と方位角を計測する事で大気中の
1.風向
2.風速
3.トラックチャート(真上から見た軌跡)
が分かります!

この大きい風船がパイロットバルーンです

このパイバルを計測するときに必要になる機械がセオドライトというものです。
パイバルを覗き込んでなるべくセオドライトのレンズの中心にいるようにしないと計測できないので、みんなで風船を見失わないようにしていました…
風船を見失ったら「ロスト」と言って、その時点で計測終了なのでみんな必死に風船を追ってました!

緑の機械がセオドライトです
このようにパイバルをレンズを介して追っています

そして、肝心の計測時間は…
慶応チームが10分で、横国チームより長く、勝利を収める事ができました!

計測されたデータはレシートとして保存されます(10分間計測したのですごい長かったです)
また、セオドライト自身もデータを保存してくれます

このように、横国大での特プロ第一弾は無事に楽しく終えることができました。
横国大の皆さん、筆保先生、ありがとうございました!!!!

次回の特プロ第二弾は、沖縄の宮古島での気象観測です!
次の投稿は宮古島での観測をしているところをお見せできるかと思います!
お楽しみに〜

横国大の皆さんありがとうございました!

【ブログ】2019年度 ゼミスタート

2019年度のMET LABゼミがスタートしました

 研究会「KEIO MET LABゼミ」2019年度がスタートしました。
 気象現象の基礎理解を深め、産業や防災、政策といった様々な分野に応用し、新たな気象ビジネスを発掘することを目指します。
 やる気のある方なら誰でも参加OKです。まずはお問い合わせください。

 ゼミ活動は、毎週火曜日 4・5限(14:45〜18:00)です。

【ブログ】2018年度 特プロin沖縄

2018年度 特プロin沖縄

9/7~9/9にかけて特別研究プロジェクトで沖縄に行ってきました。
観測も観光もみんな全力でとっても楽しかったです。今までよりももっとみんなのことを知れて、さらに仲が深まりました!

琉球大学の熱帯生物圏研究センター瀬底研究施設、八重岳にて地上気象観測を行いました。アネロイド気圧計やアスマン通風乾湿計、ポータブル気象計などの観測装置で観測できる貴重な機会でした。
沖縄は天気の移り変わりが激しく、何度か移動中にスコールに似たような雨に降られました。雨を楽しめるのもさすが気象学研究会です笑
沖縄だからこその今回の特別研究プロジェクト!今回学んだことは大切にこれからの研究に活かしていきたいです。

【ブログ】2018年度 特プロin横国

2018年度 特プロin横浜国立大学

8/27に特別研究プロジェクトの前半として横浜国立大学に行ってきました!

⭐︎1日の流れ⭐︎
第1回横慶戦プログラム
13~18時 昼の部
・慶應チームがパイバル実践
(2チームに分かれ、1回ずつ実施)
・横慶戦First stage
(パイバル1発勝負)
19~21時 夜の部
横国の方々と飲み会